SK-Measure

画像計測ソフト SK-Measure はオプションソフトです。

SK-Measure ソフト SK-Measureソフト ダウンロードのページへ
SK-Measure 取扱説明書 PDFファイル ダウンロード
マイクロスコープ付属ソフト SK-Viewer との機能比較 機能比較ページはこちら
計測ソフト用校正スケール こちら

更新情報

  • 斉藤光学のブログでも紹介しています。→ ブログ
  • 2018/6 Ver1.656にバージョンアップしました!! ※対応OS:Windows 7, 8, 10(32/64bit版)
  • 2018/4 Ver1.655にバージョンアップしました!! ※対応OS:Windows 7, 8, 10(32/64bit版)
  • 2017/7 Ver1.654にバージョンアップしました!! ※対応OS:Windows 7, 8, 10(32/64bit版)
  • 2017/1 Ver1.653にバージョンアップしました!! ※対応OS:Windows 7, 8, 10(32/64bit版)
  • 2016/4 Ver1.652にバージョンアップしました!! ※対応OS:Windows 7, 8(32/64bit版)
  • 2014/8 Ver1.645にバージョンアップしました!! ※対応OS:Windows XP, Vista, 7, 8(32/64bit版)

追加・変更点(Ver1.656)

Win10のバージョンアップに伴う修正

追加・変更点(Ver1.655)

グリッド表示部の小数点以下の桁数を3桁にしました。

追加・変更点(Ver1.654)

  1. ソフトウエアのアイコン表示に余白が出る問題を修正
  2. 保存ボタンを押して、動画に復帰する速度を向上

追加・変更点(Ver1.653)

★クロスラインに円付を追加
円の中心がわかるようになりました。

★計測図を指定すると色が変わる
計測した図を、計測結果表で選択すると、画面上の選択された計測図の色が変わります。
これにより、どの図が選択されているかわかるようになりました。

★カーソルの変更
←型からポイントが見やすい十字型に変更になりました。
計測時にポイントを押さえやすくなりました。

画面上で計測(距離、面積)、スケール表示等が動画の状態で行うことができます。
保存してサムネイル表示できます。

SK-Measure 機能紹介

ワンボタンで校正値の設定ができます!

付属の自動校正用円スケールを使用して、簡単に校正値設定ができます。


  • 校正値線で全体を囲み、“X”、“Y”に数値を入力し、[自動]ボタンで設定します。
    ※自動校正値可能倍率は、30倍~240倍です。
    それ以外の倍率は手動での校正値設定となります。

測定結果はテンプレートとして保存できます

  • 測定した箇所を画像と別に保存・呼び出し出来ます。
    これを同一箇所を測定する時のテンプレートとして利用することができます。
  • 測定した値はCSV形式で保存できますので、市販の表計算ソフトでも読み出しできます。
  • 画像中に図として保存することも可能です。

ピント合わせの波形表示ができます

  • カーソルをピントを合わせたいものに合わせます。
  • ピントが合うとグラフの山が高く表示されます。

基準用のクロスラインを複数表示できます

任意の位置に座標で指定できます。

グリッドを表示できます

任意のサイズでグリッド表示できます。
マウスホイールを回すだけで画面表示倍率が簡単に切り替えできますので緻密な位置合わせが可能です。
マウスカーソルを中心として拡大(縮小)します。
フットスイッチに対応!
画像の保存がフットスイッチで出来ます。
SK-Measure ソフト SK-Measureソフト ダウンロードのページへ
SK-Measure 取扱説明書 PDFファイル ダウンロード
マイクロスコープ付属ソフト SK-Viewer との機能比較 機能比較ページはこちら
計測ソフト用校正スケール こちら
対応OS Windows 7, 8, 10(32/64bit版)
付属品 円スケール,SK-Measure起動キー
このページの先頭へ戻る
工業用マイクロスコープのお問い合せは